電車という手段

特急列車やバイクなど、乗り物に関する体験談や悩み

特急列車などの電車や車、バイクなど、乗り物はたくさんありますが、休暇を利用して、目的もなく乗り物に乗るのも悪くないものです。

打つ手なし!「電車の遅延」

読了までの目安時間:約 2分

顔を見上げる女性

学校であったり会社であったり、多くの人はほぼ毎日出かける機会があるのではないかと思います。そんな中、よっぽど家が近い人や車を持っている人が使う交通手段が電車です。

他にも友達と遊びにちょっと足を延ばす際など、とにかくどんな用途であれ我々の生活と電車とは切って話せない深く関係しているものであると思います。

しかしやはり電車というのはあくまでも機会、そしてそこには運転手や乗客といった様々な形で多くの人間が関わっています。人が介入する機会が多いこの電車という手段の中で、ミスが出ないわけがないのです。

例えばそれは人身事故であったり荷物挟まりであったり形は様々です。勿論中には災害の影響など、人為的な物ではない場合もありますが、やはり多くの原因の根源として人間の影がちらついていることも否定は出来ないのではないでしょうか。

つまり何が言いたいかというと、電車の遅延・運転見合わせがあまりに多すぎる!という事です!特に自分が利用している車線は乗客が多く、人身事故が多いラインとして割と有名なものだと思います。

そしてやはり人が多い通学通勤帯に電車の遅延は生じやすいもので、そうなると学校など行く術を失い白旗を振るばかりです。

それだけ電車に依存している生活なのだな、と自覚する一方、いい加減早くホームドアをつけて遅延のリスクを減らしてくれと願うばかりです。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
アーカイブ
カテゴリー